×

新型コロナ関連

においや味が分からない

2020年4月8日付

■発熱、息苦しさなどなければ、外出、受診控え様子見て

においや味が分からないという異常が生じた後、新型コロナウイルス感染が判明する例が相次いで報道されています。同様の症状が出たときに感染が心配になる人も少なくないでしょう。こうした人に向けて、日本耳鼻咽喉科学会は注意文をホームページに掲載しています。

この中では「嗅覚や味覚の障害はインフルエンザや一般の『かぜ』でも生じることがあり、必ずしも新型コロナウイルスだけが原因ではありません」とし、「新型コロナウイルス感染症による嗅覚や味覚の障害は自然に治ることが多く、特効薬もありません」と指摘。ただ、発熱が続いたり、咳、息苦しさ、だるさがあれば、市区町村の帰国者・接触者相談センターに電話するよう求めています。

こうした発熱などの症状がなく、急に、においや味に異常を感じるようになった場合は、万が一、新型コロナ感染症であったときに周囲の人に感染を拡大する可能性があるとして、2週間はできるだけ不要不急の外出を控えるよう強調。その間、医療機関への受診は控え、体温を毎日測定し、手洗いをこまめにするとともに、人と接する際にはマスクを着けて対話をするよう促しています。

嗅覚・味覚障害の治療については「急ぐ必要はありません。自然に治ることも多いのでしばらく様子を見てください」として、2週間たっても改善せず、他の症状がない場合は耳鼻咽喉科外来を受診するよう勧めています。