×

新型コロナ関連

住宅ローン支払いが難しい

2020年4月4日付

■返済期間延長など可能/金融庁、金融機関に柔軟対応を要請

新型コロナウイルスの影響で収入が激減しているのは企業だけではありません。金融庁は、民間金融機関に対し、住宅ローンの支払いが困難な個人についても返済期間の延長など柔軟に対応するよう促しています。返済が難しくなった人は、まず取引先の民間金融機関に相談してみてください。放置したまま返済が滞ってしまうと、信用情報登録機関に記録が残り、クレジットカードや他のローン審査にも影響することもあるので、注意が必要です。

金融庁は3月、民間金融機関に対し、新型コロナの影響で収入が激減する事業者への支援策として、新規融資や債務の返済猶予などの相談に迅速かつ柔軟に応じるよう求めました。併せて、個人の住宅ローン返済についても配慮を要請。返済期間を延長し毎月の支払額を少なくするなど、必要な支援を実施するよう求めています。

こうした支援が円滑に進むよう、各民間金融機関での実施状況について、金融庁は各機関から定期的に報告を受け、公表することにしています。

「金融機関がなかなか対応してくれない」といった場合は、金融庁の電話相談窓口(0120-156811)に連絡してみてください。

通話料は無料で、受付時間は平日午前10時~午後5時です。