×

新型コロナ関連

支援策を探すには…

2020年5月1日付

■(厚労省)生活支える制度を一覧化

■(経産省)飲食、製造など業種別で

「新型コロナウイルス感染拡大の影響で家計や企業経営が苦しい。自分に合った国の支援策を探したい」。そんな時は厚生労働省と経済産業省がホームページで公開している個人や事業者向けの支援策をまとめたリーフレットをチェックしてみましょう。

厚労省は「生活を支えるための支援のご案内」と題して、新型コロナの感染や子どもの世話をするため仕事を休む時、生活費などに困った時など、自分の状況に応じて、15の支援制度を網羅。制度の概要がつかみやすいよう、一時的な生活資金として最大20万円の貸し付けを受けられる「緊急小口資金」などについて対象者や支援金額、申請手続き、問い合わせ先など制度ごとに1㌻ずつにまとまっています。

一方、経産省では、事業者向けの支援策を、より分かりやすく伝えるため、特に問い合わせが多い業種別(飲食、製造、卸売り、小売り、宿泊、旅客運輸、貨物運輸、娯楽、医療関係の9業種)に支援策をまとめたリーフレットを作成。

それぞれ経営者が直面している課題に対し、給付金、実質無利子・無担保融資、税・社会保険料の猶予・減免、補助金など、各種支援策を紹介しています。例えば、飲食業でデリバリーを始めたい場合や医療関係で業務効率化のためのシステムを導入したい場合に「IT導入補助金」が活用できることなどが紹介されています。