×

新型コロナ関連

10万円給付のオンライン申請

2020年5月8日付

マイナンバーカードとスマホ(NFC対応)でも可能

 全国全ての人に10万円を一律給付する「特別定額給付金」。各市区町村で順次始まっているオンライン申請のうち、世帯主のマイナンバーカードと、かざすだけで周辺機器と通信ができる技術「NFC(近距離無線通信規格)」に対応したスマートフォン(スマホ)を使って申し込む方法があります。

 対応できるスマホは5日現在、アンドロイドの合計175機種とアイフォーン7以降の機種(iOS13.1以上)。

 オンライン申請のおおまかな流れは、▽マイナンバーカードを使って各種手続きが行える専用サイト「マイナポータル」で振込先口座など必要事項を入力▽口座の確認書類をスマホで撮影するなどしてアップロード▽署名用電子証明書用の暗証番号(英数字6~16桁)を入力した後、スマホをマイナンバーカードに当てて情報を読み取り電子署名――です。

 スマホを使う場合は、専用アプリ「マイナポータルAP」を入手。同アプリを開き「ぴったりサービス」を選択すると、マイナポータルへアクセスします。お住まいの市区町村を選択した後、「特別定額給付金」を選択し検索ボタンを押します。既に受け付けが始まっていたら、その後の案内に従い、申請できます。

 アプリの入手方法などは、総務省の同給付金特設サイト(https://kyufukin.soumu.go.jp/ja-JP/apply/online.html)でも紹介されています。

 なお、オンライン申請には、マイナンバーカードに記録された情報を読み取る「ICカードリーダーライター」を使う方法もあります。一方、郵送による申請については、市区町村から申請書が送られてくるのをお待ちください。