< 特設トップ
公明新聞電子版
新型コロナウイルス感染症に伴う

主な学生支援策まとめ

全ての学生向け

特別定額給付金

1人当たり10万円

4月27日時点で住民基本台帳に記録されている人 市区町村の受付開始日から3か月以内に申請が必要 ※帰省していて自宅で郵便物を受け取れない学生等は日本郵便の転送サービスが利用可能

< お問い合わせ先 >

特別定額給付金コールセンター

0120-260-020

9:00〜20:00(土日祝日を含む)

専用ホームページ

総務省|特別定額給付金


学習等に必要な通信環境の確保
※主に25歳以下を対象

スマートフォンの通信容量を無償で追加

携帯電話会社によって申告の必要性あり ドコモ、ソフトバンク、KDDI、UQ モバイルなどが対象 30~50GBを無償提供 ※携帯会社によって、対象期間と通信容量が異なります。

< お問い合わせ先 >

家計が急変した学生向け

学生支援緊急給付金

住民税非課税世帯の学生等に20万円を給付
一人暮らしでアルバイト代が減少している学生等に10万円を給付

※要件はアルバイト代が前月比50%以上減少など。最終的には各大学等において判断します。

< お問い合わせ先 >

各大学等の窓口

日本学生支援機構奨学金相談センター

0570-666-301


授業料等減免・給付型奨学金(修学支援新制度)

家計が急変した学生等へ授業料・入学金の減免および返済不要な奨学金を支給

授業料年額最大約70万円および給付型奨学金月額最大7.58万円を支給 対象は「住民税非課税世帯」と「それに準ずる世帯」の学生等

< お問い合わせ先 >

各大学等の窓口

日本学生支援機構奨学金相談センター

※申請の手引き


貸与型奨学金

緊急に奨学金貸与の必要が生じた学生等を支援

緊急採用奨学金(無利子)月額最大6.4万円 応急採用奨学金(有利子)月額最大12万円 対象は家計が急変し緊急に奨学金が必要になった学生等

< お問い合わせ先 >

各大学等の窓口

日本学生支援機構奨学金相談センター

※申請の手引き

貸与型奨学金(海外)

緊急に第二種奨学金(海外)の必要が生じた私費留学生を支援

応急採用奨学金(有利子)月額最大12万円 対象は家計が急変し緊急に奨学金が必要になった日本人留学生

< お問い合わせ先 >

日本学生支援機構・海外貸与係

03-6743-6040


授業料の納付猶予・延納

困窮している学生等を対象に、多くの大学等で授業料の納付猶予や延納等を行っています。 ※国公立大学100%、私立大学96%で対応済

< お問い合わせ先 >

各大学等の窓口


各大学等独自の授業料等減免

家計が急変した学生等へ授業料等の減免を実施 減免額や対象要件については各大学等によって異なるため、各大学等にお問い合わせください。

< お問い合わせ先 >

各大学等の窓口

家計が急変した世帯向け

生活福祉資金貸付金(緊急小口資金等の特例)

家計が急変した世帯へ最大20万円の貸付(無利子)

低所得世帯等や休業・失業等により生活資金で困っている世帯を対象

< お問い合わせ先 >

お住まいの市区町村の社会福祉協議会等

都道府県等社会福祉協議会一覧

全国の労働金庫

全国の労働金庫一覧

低所得世帯向け

生活福祉資金貸付金(教育支援資金)

低所得世帯へ月額最大6.5万円の貸付(無利子)

< お問い合わせ先 >

お住まいの市区町村の社会福祉協議会等

都道府県等社会福祉協議会一覧

ひとり親世帯向け

母子父子寡婦福祉貸付金(就学支度資金・修学資金)

母子・父子・寡婦家庭へ以下の内容で貸付(無利子)

就学支度資金(受験料、被服費等)最大59万円の貸付 修学資金(授業料、生活費等)最大14.6万円の貸付

< お問い合わせ先 >

お住まいの都道府県・指定都市・中核市の福祉事務所等のひとり親世帯関係施策担当

日本人の留学生向け

新型コロナウイルスに係るJASSO災害支援金

10万円支給(帰国した翌月から6か月以内に申請が必要)

※対象は、日本学生支援機構からの奨学金を受給し、検疫強化対象地域に指定された日から指定が解除された日までの間に帰国した方

< お問い合わせ先 >

日本学生支援機構JASSO災害支援金担当

03-6743-3185

※検疫強化対象地域

事業主向け

雇用調整助成金の特例措置

事業主が学生アルバイト等に対して休業手当を支給する場合、その休業手当を国が最大100%助成します。