×

100万人訪問・調査運動

主な集計結果

介護

「いざという時の相談先」34%

介護の困りごとの58%は家族の負担が大きい。34%がいざという時の相談先

 介護に直面している人からは、困りごと<複数回答>として「家族の負担が大きい」(58.8%)、「いざという時の相談先」(34.4%)を懸念する声が寄せられています。

 自由回答でも「家族が要介護の状況になった時、まずどこに相談に行くべきか(分からない)。また、その相談窓口の対応時間も限られ、苦しんでいる人もいる」などの声があり、課題をワンストップ(1カ所)で受け止める取り組みの必要性が浮き彫りになりました。

将来、希望する介護サービスの50%が自宅で介護サービスを利用したい

 一方、介護サービスを現在、利用していない人からは、将来、希望する介護サービス<同>として、「自宅で介護サービスを利用したい」(50.0%)と望む声を数多くいただきました。

「公明新聞」2018年8月31日付