2020年2月17日公開


第1回

1. 公明新聞にやって来た!

ここが東京都新宿区にある公明新聞の入り口。公明党本部の向かいにある3階建の建物です。さっそく中に入ってみましょう!

編集室

公明新聞では全国で多くの記者が取材活動を行っています。国会や地方議会での公明党議員の活躍や政治動向を中心に取材。また政治以外でも文化・芸能・スポーツなどを専門に取材する記者もいます。編集室には全国の公明新聞記者が取材したニュースが次々と寄せられ、紙面企画の立案や原稿執筆などが行われています。日々の公明新聞の紙面を飾る素材となる原稿や写真、図表などの作成を行うところが、ここ編集室になります。

取材ネットワーク

公明新聞には"本社"のほか、全国9カ所に支局があります。支局は北海道、東北、中部、信越、関西、中国、四国、九州、沖縄に所在。それぞれ地方議会の取材や各地方版の企画・制作に取り組んでいます。こうした場所を足場にして全国津々浦々で公明党議員の奮闘を追っています。

国政の最前線を取材し速報する"現場主義の目撃者"


政治部記者に聞いてみた
金子亨記者(政治部=総務省など担当)

国会や国政の取材を担当するのが政治部です。政府の政策決定プロセスや国会論戦、公明党国会議員の発言や動きなどを取材し速報しています。また、国政において重要な法案や予算案などについては、担当の国会議員や有識者にインタビューするなどして、要点や背景、公明党の考えや対応などを伝える解説記事を書いたりもします。

インタビュー

記事を書く時に気を付けている事は何ですか?

ニュースの本質を分かりやすく書くことです。一般紙では難解なニュースでも、弊紙では"誰にでも分かりやすい"記事を書くように心掛けています。限られた時間の中ですが、取材内容を正確、丁寧にまとめることに力を注いでいます。

"誰にでも分かりやすい"とは公明党らしい判断基準ですね! 政治部記者をしていてよかったことはありますか?

2019年5月、公明党が推進した「食品ロス削減推進法」が成立しました。成立を受けた関係団体の集会を取材した時に、登壇者から「公明党は政策実現力があると言われるが、そのゆえんがよく分かった。心から感謝している」との話を伺いました。こうした政治と生活の接点の場を取材した時に公明党の凄さを実感します。また誇りに思います。

生活に根差した現場主義の公明党らしいですね!私も公明市議としての誇り胸に日々活動しています!

公明ネットワークの実績を掘り起こす"ニュースマイナー"


支局記者に聞いてみた
高橋悠斗記者(九州支局=福岡都市圏担当)

地方支局では主に、地方議会での公明党議員の活動や実績を取材します。また地方選挙や公明党が全国各地で行っている街頭演説会の様子、各地の先進事例の紹介などの報道にも取り組んでいます。自然災害が起きた時には、その支局の記者が”いの一番”に被災地に飛び込み現場取材を敢行しています。このほかにも、地方版を制作し、全国報道には出ない地域密着の情報なども掘り起こし報道しています。

インタビュー

地方取材の醍醐味は何ですか?

何と言っても地方には、その場にいなければ出会えない人々、行かなければ観れない景色、顔を合わせなければ聴けない声がたくさんあります。人口減少が加速する今の時代に、地方政治のど真ん中で闘う公明党地方議員の側で、自らも現場のリアルに身を置いて取材できるのが支局記者の醍醐味だと思います。

地方議員の活躍は、公明党の議員ネットワークの原動力とも言われますね。

これまで熊本地震や豪雨災害などの災害取材に取り組んできました。公明党の議員ネットワークは本当に強力で、被害者や被災者の心や気持ちを記事を通して伝えていくと、議員ネットワークを通じて県、国の政治にきちんと伝わっていくと実感しています。現場取材では緊迫する状況も多いのですが、公明党議員の一挙手一投足をつぶさに伝え、被災者の方々の心や気持ちを漏らすことなく記事として伝えられるよう努力しています。

公明党議員は現場第一主義がモットーとしていますが、記者さんも同じ思いなんですね。共々に頑張りましょう!

ニュース現場をカメラで切り取る"瞬間の職人技"


写真記者に聞いてみた
江田聖弘記者(写真部)

写真部では、公明新聞の紙面に掲載する写真の撮影を行っています。主に、国会議員の動きを追い、国会での委員会質問や会合風景、国会外での視察活動、インタビューなども撮影します。加えて、識者や芸能人のインタビュー写真、季節の風物詩や様々なイベントなどを写真記事として撮影もします。現場のあらゆる状況に対応できるよう多くの機材を持ち運びながら取材活動を行っています。

インタビュー

迫力のある写真がいっぱいありますね。どのようなことを心掛けて撮影していますか?

写真は一瞬が勝負です。最高の瞬間を切り取るためには、シャッターを押すまでの準備が大切です。それがあってこそ臨機応変な対応も可能になりますので、体調管理なども含めて準備は入念に行うことを心掛けています。

写真は見るだけで状況が伝わり、新聞紙面でも真っ先に目に飛び込んできます。いい写真を掲載した時に反響は大きいですか。

やはり写真への読者の反応は大きいですし、読者から反響があると私どもも嬉しいです。選挙期間中に私たちの撮った街頭演説などの写真を見て鼓舞されたなどとの読者からの声を伺うと、こちらも元気になります。

私も公明新聞の写真に多くの力をいただきました。

東京電力福島第1原発事故の後、全町避難が続いていた福島県大熊町を守っていた通称「じじい部隊」を取材した時は、読者からの反響も大きかったのですが、じじい部隊解散の時、「この写真があったから、ここまでやってこれた」と言ってもらえました。写真を通して取材対象の方にも元気を届けることができたという経験は、私の大きな財産になっています。

写真の力は偉大ですね!これからも頑張ってください!

きょうを伝えるニュース価値を決める公明新聞の"心臓部"


紙面会議

翌日の紙面構成を決める紙面会議は、その日に起こったニュースの価値を判断する重要な会議です。本社に集まったニュースを持ち寄ってそれぞれの記事の掲載面や扱いの大きさ、見出しなどを検討します。この会議で決定した内容に従って、紙面のレイアウトが制作され、新聞の紙面ができ上がります。紙面会議の様子を動画で紹介します。

インタビュー

何をしているのですか?

政治部長の千葉です。党や国会議員、地方議員の動き、そして日々のニュースを踏まえ、毎日の紙面構成を決める会議を行っています。

毎日の新聞紙面を考えるのは大変なお仕事ですね。

公明党の動きを正確に分かりやすく伝えること、そして読者のニーズに沿った紙面づくりを心掛けています。やはり、時間との勝負という側面もあり、ミスや事故なく降版時間内に紙面作成することに奮闘しています。毎日が時間との競争ですね。