×

アジサイ 七変化の美

2020年6月29日付

 庭先や公園などでアジサイが見頃だ。この花を世界に紹介したのは、江戸末期に活躍した医師シーボルト。日本人の妻の名にちなんだ学名を付けた。

 アジサイの花は白を除き、酸性やアルカリ性といった土壌の性質などによって、青系、赤系へ変わる。辞典では「七変化」が別称と。正岡子規は「紫陽花や 赤に化けたる 雨上り」と、その変化の美を詠んだ。

 緊急事態宣言の解除後、「新しい生活様式」が求められている。暮らしの変化を前向きに捉え、コロナ禍に負けずに希望の華を咲かせたい。

 (写真=写真部・江田聖弘、関西総支局・南知成、文=社会部・近藤信幸)