×

水面に華やぐ朝焼けの紅葉

青森・十和田市蔦沼
2019年10月28日付

 夜明け前、気温は0度を下回る。せせらぎに包まれた林道を抜けると、静寂が広がっていた。

 ここは、十和田八幡平国立公園(青森県)にある蔦沼。星空の下にそびえる山々は、日の出とともに赤く表情を変え、澄んだ水面をも紅に染めていく。朝焼けのひとときだけ現れる錦秋の美は、見る者の心を打つ。

 展望デッキは、いつしかカメラ片手の人々でいっぱいに。写真サークルの活動で福岡県から訪れていた女性(70歳代)は、「圧巻の景色。満足がいく写真が撮れて良かった」とにっこり。紅葉にアクセントを添えるかのように、空と水面に残月がそっと映っていた。(写真=大久保尭央、文・動画=比義広太郎)